慰謝料の請求方法

悩む男性

離婚問題は弁護士の力を借りましょう

離婚をする時は結婚する時よりも大変でいろんな話し合いや手続きがあり、精神的負担が大きいです。お互いの話し合いがスムーズにいかない場合も多く、時間がかかることもあります。またどちらかに離婚の原因がある場合は慰謝料の請求が可能で、理由によって金額が変わってきます。この慰謝料には、相手の収入や離婚原因によって金額の相場が決まります。相手に慰謝料を請求する場合は、その原因を相手に認めさせるだけの証拠が必要です。またどの程度の証拠と証明で慰謝料を請求できるかは、プロである弁護士に相談した方が良いです。弁護士に相談すれば慰謝料を請求できるかや、大体の金額まで知ることができます。また依頼すれば、離婚するまでの話し合いや手続きまでを一緒におこなってくれます。

慰謝料の請求をして人生をやり直しましょう

離婚の慰謝料と言うのは、配偶者から精神的苦痛や身体的苦痛などを受けたと証明されれば、相手に請求できます。大体の相場としては、50万円から300万円が一般的です。婚姻期間などによっても違いますが、やはり長いほど慰謝料の金額は高くなる可能性があります。離婚した後も引きずらないためにも、慰謝料をもらって新しい人生を踏み出した方が良いです。また慰謝料を請求する期間は、その原因が発生してから3年となっています。手遅れにならないためにも、早めに弁護士に相談して手続きを進めた方が良いです。弁護士への相談だけなら、無料でおこなっているところもあります。依頼料の相談も兼ねて、弁護士事務所に行くことをお勧めします。