弁護士に離婚相談

大金

慰謝料の平均的な金額について

芸能人が離婚した際などに、億単位の慰謝料が支払われたという話を耳にすることがしばしばあります。離婚しても高額の慰謝料を支払ってもらうことができるのであれば、当座の生活に困ってしまう心配はないはずだと考える人が少なくありません。しかし、実際にそのような高額の慰謝料が支払われるケースはまずありません。ごく普通の人が協議離婚した場合であれば、100〜200万円前後の慰謝料が支払われるケースが多いです。また、慰謝料の支払いを請求する裁判を起こした場合でも、200〜300万円程度が相場額になっています。現実的なことを考えると、500万円以上の慰謝料が支払われるようなケースはほとんどありませんので、注意する必要があります。

弁護士に相談するのが得策です

配偶者の浮気が原因で離婚せざるをえなくなってしまった場合には、浮気をした配偶者だけでなく、浮気相手に対しても慰謝料請求をすることができます。ただし、浮気相手から慰謝料を取るためには、いくつかの要件を満たしている必要があります。一番重要な要件は、浮気相手が既婚者と不倫な関係を結んでいるということを知っていたという事実です。原因を作った配偶者が独身だと偽って不倫な関係を持ったというような場合には、浮気相手から慰謝料を取ることができません。また、その他にもいくつか注意すべき点があるので、法律の専門家である弁護士に相談してみるのが一番です。弁護士に相談すれば、損害賠償請求をすることができるか否かを正しく判断してもらうことができますし、具体的な手続きも頼むことができます。